股の黒ずみが出来てしまうのは下着サイズが合っていないから?

肌に負担をかけるデリケートラインのムダ毛処理は脱毛サロンでしてもらっている、保湿ケアも欠かさない、それなのに股の黒ずみが出来てしまうことに悩んでいる方も多いでしょう。
残念ながら、黒ずみの原因はセルフ脱毛や肌の乾燥だけではなく、下着のサイズが合っていないことも関係しています。

 

もちろん、下着がゆるゆるだと落ちてしまうので、ある程度の締め付けは必要です。
ですがあまりにも締め付けが強いと、下着を着けている間中は常に摩擦や圧迫を受けてしまいます。
下着というのは、基本的にSMLの3サイズしかないので、限られたサイズの中から自分に合うものを探さなくてはいけません。
前述したようにゆるすぎるものでは使い物にならないため、少し大きいサイズと少し小さいサイズから選ぶ場合、どうしても小さいサイズをセレクトすることになります。

 

股の部分は伸縮性があるので、小さいサイズでも履けないことはないものの、商品によっては少し締め付けがきついこともあるでしょう。
この「少しきつい」というのが黒ずみを引き起こすのです。
あまりにもきついと、股の部分が痛くなるため履きませんが、少しきついぐらいであれば気にせず履いてしまう方も多いようです。
しかしきついと感じるぐらいですから、当然皮膚は圧迫をうけますし、少しの動きでも強い摩擦が起こります。
皮膚はその度にダメージを受け、そのダメージが大きいほどメラニン色素の生成も増加します。
ですので、ちゃんとケアしているのに黒ずみが出来る、という方は他の原因と併せて下着のサイズが合っているかどうかもしっかり確認しましょう。