セルフ脱毛をしていると股が黒ずんでしまうのは本当なのか

セルフ脱毛のやり方はいろいろな方法ありますが、肌に負担をかける脱毛をしていると股は黒ずんでしまいます。
ムダ毛を処理することで黒ずみが出来てしまうのは、処理のせいで皮膚に大きな刺激を与えてしまうからです。
セルフ脱毛でもっとも手軽な方法と言えば、毛抜きとカミソリが挙げられますね。
毛抜きで処理すれば、カミソリのようにちくちくすることもなく、毛根から抜けるのでしばらくムダ毛を気にせずにすみます。
しかし、例えどんなにムダな毛であっても、健康な状態で成長している毛を根元から引き抜くのですから、毛穴や皮膚にはかなりの負担がかかります。

 

カミソリなら毛抜きのような負担はかけませんが、皮膚を削り取りながら毛を剃るため、健康な角質が傷つけられてしまいます。
肌に優しいと言われている家庭用光脱毛器も、ムダ毛に熱エネルギーを発生させるので炎症が起こりますし、ワックス脱毛は皮膚にも毛穴にも強い刺激を与えます。
このように、セルフ脱毛はどんな方法でも大なり小なりダメージを与えることになり、メラニン色素が生成されます。
しかもそれが定期的に続くので、デリケートな皮膚を持つ股はメラニン色素が沈着してしまい、結果的に黒ずみが発生します。

 

またセルフ脱毛の場合、アフターケアがしっかりできていないことも多いです。
ムダ毛を処理した後の肌はかなりのダメージを受けているので、潤い補給や保湿ケアをきちんとしなくてはいけません。
ケア不足だと乾燥によって刺激をさらに受けやすくなってしまうため、これもセルフ脱毛をしていると股が黒ずむ原因です。