アロマを活用して股の黒ずみを解消する方法があるの?

アロマというと精神に働きかける効果をフォーカスされることが多いですが、最近は美容にダイレクトに効果があることで話題になっています。
アロマは精油を抽出する植物やフルーツなどによって効果効能がことなりますが、その中には黒ずみ解消に働きかけるものがあります。
アロマを活用して股の黒ずみを取る場合は、メラニンの生成を抑制する効果を持つもの、ターンオーバーを促進するものを選ぶといいでしょう。

 

メラニン色素の生成を防ぐ効果があると言われるのは、ひまわりオイルや月見草オイル、スイートアーモンドオイルなどです。
ひまわりオイルと月見草オイルには、メラニン色素を生成する材料となるチロシナーゼを分解する効果があります。
スイートアーモンドオイルは、黒色メラニンに変性させるチロシナーゼの活性を抑えてくれます。
どのアロマもメラニン色素の生成に関わるチロシナーゼにアプローチするので、黒ずみを解消する効果が期待できます。

 

ターンオーバーの促進効果が期待できるのは、キャロットシードやローズヒップです。
どちらも皮膚細胞の再生を促す効果があるので、新しい肌細胞の生成を促進してターンオーバーを活性化できます。
ターンオーバーが活性化されると、沈着したメラニン色素の排出が促されて、黒ずみを解消してくれます。

 

アロマには、精油をアロマポットで炊いて香りを嗅いだり、精製水で薄めてスプレーしたり、入浴の時に浴槽に垂らしたりする方法があります。
どの方法でも効果は期待できますが、股の黒ずみには体の内外に働きかける入浴時の使用が一番オススメです。