股(ビキニライン)の黒ずみケア商品比較

股の黒ずみケアはどうすれば良いのか

股は他人に見られることはほとんどないのですがプールや海水浴、彼氏がいれば気になるところです。
そして、黒ずみが気になる方は少なくないと思いますので黒ずみケアをして綺麗な股を取り戻すと水着を着るにしても自信を取り戻すことができるのではないでしょうか。
簡単に改善するものではありませんが、長いスパンで正しい方法で黒ずみケアすることが大切です。
まずは余計な刺激を与えないように心がけましょう。
黒ずみの原因になるものをしっかり洗い流しましょう。
保湿を意識したケアはとても大切になります。
黒ずみケア用の美容液やクリームなども市販されています。
それらを利用してもかまいませんが、普段から使用しているものが使える場合もあります。
しかし、股は肌が薄くデリケートなので優しいものを使用するようにしてください。
最近では専用の商品も出てきています。
毛の処理も、処理中にクリームを塗るなどして肌を守りましょう。
処理後は炎症を起こしていたり、刺激に敏感になっているので過度なケアはしないように気をつけましょう。
翌日にしっかりとした保湿ケアを行ってください。
それでもうまくいかない場合には美容皮膚科や美容外科のクリニックに相談してみても対応してくれます。

 

股(ビキニライン)の黒ずみケア商品を使ってみたのでそれも紹介したいと思います。

股の黒ずみケア商品ピックアップ

化粧品

薬用アットベリー

薬用アットベリーは脇や二の腕などの黒ずみに使えるクリームです。
ビキニラインにも使えます。

 

美容保湿成分がしっかり配合されていますね。
さらにニオイケアというところまでサポートしています。
そして、なんといっても股(ビキニライン)にもありがたい低刺激にこだわっているというところが良いですね。

 

公式サイトで確認⇒

薬用アットベリーはこんな商品です。

薬用アットベリーは口コミでも人気ですし知名度もありますね。
商品は上のような感じですね。
公式サイトでは脇の黒ずみをおしている感じですが、ビキニラインなどその他の部位にも使えます。
実際、画像の真ん中の箱を開けたところにも書かれています。

 

実際使ってみると伸びも良く浸透していく感じがしますね。
私の感覚ですが肌に優しいという感覚があります。

 

黒ずみケア商品をいろいろ使ってみましたがこれがおすすめかなと思います。

 

ピューレパール

ピューレパールは様々な部位に使える黒ずみ対策ケアクリームです。
ビキニラインにも使えます。

 

商品の特徴はというとグリチルリチン酸2Kやトリプルヒアルロン酸などの7つの美容成分に4つの保湿成分などが配合されています。
私も使って満たした。

 

公式サイトで確認⇒

Pule Pearl(ピューレパール)はこんな商品です。

ピューレパールも口コミでも評判で様々メディアで紹介されており知名度はなかなかありますね。
こちらも公式サイトではわきの黒ずみ対策と書かれていますが、ビキニラインなどにも使えます。

 

実際私も使ってみて伸びも良く浸透していく感じがありますし、さらっとしています。
なかなか良いなという印象です。

 

薬用イビサクリーム

イビサクリームはデリケートゾーンケア専門チームが開発した股の黒ずみ向けクリームです。
様々なメディアでも紹介されているのでご存知の方もいるかもしれません。
この商品の特徴は2種類の薬用成分に4種類の植物成分、8種類の保湿成分が配合されており、これらが股の黒ずみのケアをしてくれるということなんです。
5つの無添加ということで肌への優しさも考えられているのではないでしょうか。

 

公式サイトで確認⇒

石鹸

ジャムウ・ハーバルソープ

ジャムウ・ハーバルソープは累計213万個突破している商品で股向けの石鹸です。
股の黒ずみだけでなくニオイケアというのもこの商品のポイントです。
日本人肌向けで自然由来の素材を使用しているということで利用しやすいのかなと思います。
他のパーツにも使えるので他の部位の黒ずみケアをしたいという方にも良いのではないでしょうか。

 

公式サイトで確認⇒ジャムウ・ハーバルソープ

股の黒ずみの原因

脇の黒ずみの原因にはいくつか考えられます。
まず、メラニン色素の沈着です。
メラノサイトという細胞が肌の刺激に防御反応を起こすことでメラニン色素が作られます。
摩擦やカミソリでのムダ毛処理が、肌に負担をかけます。
特に脇は皮膚が薄くデリケートな部分の一つなので、カミソリや毛抜きによる自己処理には注意します。
自己処理をした後には、必ずクリームや化粧水、乳液などでケアをします。
しかし、使用する化粧品も刺激が少ないものを選ばないと、肌への負担を増やします。
次に、皮脂や古い角質の汚れが毛穴に詰まることで、黒ずみが生じます。
皮脂や古い角質は、衣類の摩擦や蒸れの影響を受けます。
また制汗剤を使う人は、制汗剤の成分が毛穴を覆います。
元々たくさんの汗や皮脂が分泌される場所なので、毛穴詰まりが起こりやすいです。
それを対処しようと様々なスキンケアをして、さらに毛穴に詰まらせる可能性があります。
ファンデーションなどで隠そうとしても、一時的に対処できるだけで、ファンデーションの粒子が毛穴に詰まるので、根本的な解決にはなりません。
摩擦が極力起こらないように、乾燥を防ぐことが大切です。
また肌の代謝を上げるために、ピーリングも効果的です。

股の黒ずみとメラニンの関係

脇の黒ずみが気になる、薄着になる季節には特に周りの視線が気になる、そんな経験をしたことのある人は意外に多いのではないでしょうか。というのも、脇の場合、そのムダ毛はもちろん気になる部分なのですが、場合によっては色素沈着が顕著に現れる部分でもあるのです。特に脇のムダ毛処理を自分でしているという場合、カミソリや毛抜きによって肌が知らず知らずのうちに傷つけられ、その部分が色素沈着を起こしてしまうのです。ひどいケースだと、この肌への負担が関係してわきの一部分だけにメラニン色素が集中し、見た目が非常に悪くなっているというケースもあるのです。
さらに、このわき部分は肌の再生がとりわけ遅いため、特に注意が必要になります。普段のケアにプラスして、メラニン色素に効果があるとされる美白化粧品、もしくは薬用化粧品を使用して見た目の改善をはかっていく必要があるのです。それによって見た目に脇の状態を綺麗に保つことができますし、結果的により清潔なわき、肌状態を維持することができるのです。
もし、先に述べたような症状で悩んでいるという人は是非一度この方法を試してみてはどうでしょうか。すぐに効果が出るものではありませんが、継続的に続けていくことで着実にその症状を抑えていくことができるはずです。

股の黒ずみと刺激の関係

ムダ毛が気になる女性は多くいます。思春期の第二次性徴期ころから体毛が生えてくるため、自己処理として自分で脱毛をしたり、エステサロンや皮膚科などで脱毛をしてもらう方法があります。ムダ毛の処理は女性にとってマナーの一つでもあるのです。
その中でも脇は太くて濃い毛が生えてくるため、悩んで処理をしている女性が多いのです。しかし、自己処理では表面の毛を処理しただけなのでまたすぐに生えてくるため短い期間で処理を繰り返すことになります。そのため肌トラブルが起こりやすいのです。
肌トラブルの中でも悩んでいる人が多いのが黒ずみです。その原因は繰り返す自己処理によって刺激を与えることが関係しているのです。自己処理ではムダ毛だけでなく肌にも大きく負担をかけています。その刺激を感じた肌内部の細胞が肌を守ろうとメラニン色素を作ります。そのため黒ずみとして肌に出てきてしまうのです。
脇の脱毛で刺激を極力与えないようにするためには、処理をする時にシェービングフォームを使うことと、処理後にはしっかりと保湿をして肌を潤わせることです。そして無理に剃るのではなく、毛の流れに沿って処理をします。
脇は特に女性が気になる部分です。常にきれいにしておくことが大切です。

股の黒ずみとホルモンの関係

体内に胎児が存在する妊娠中には、妊娠前には起こることがなかったような肌のトラブルが頻出することがあります。
特に、多い症状が脇に黒ずみが出現するというものです。
こうした脇の黒ずみの原因は、妊娠によって変化しているホルモンのバランスが崩れていることです。
妊娠した女性の身体は、出産するまでの間妊娠を継続するために刻々とホルモンが変化していきます。
そして、妊娠期間が20週を越えた辺りからエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンとプロゲステロンと呼ばれる黄体の分泌が増加します。
これら2つの物質は、メラニン色素を形成している色素細胞のメラノサイトを刺激してしまうことで肌の内部でメラニン色素が増えてしまうことにより、黒ずみが発生してしまうのです。
このような、関係で発生しているため妊娠をする上で避けられない事案であると言えるものの、やはり出来る限りケアしていきたいものです。
そこで、ケア方法としておすすめなのがビタミンCを豊富に含んでいる食物や果物の摂取を増やすか、ビタミンCのサプリメントを飲用するということです。
また、ビタミンCを誘導する美白成分が入っている乳液などを使用し外面から対策することも適しています。


股以外に黒ずみが気になる方は多いと思います。こちらのサイトではお尻の黒ずみについて書いています。